2011年2月

玄海未来塾3

こんにちは よしたけ邦彦です。

 

今日は、玄海未来塾についての続編です。

 

◇釣りアジ玄ちゃんブランド化

筑前玄海魚まつりを契機として、若手漁師と観光関係者との交流が生まれました。

 

その中である漁師が「釣りアジ」を何とかブランド化できないか、と提案があり、平成115月から未来塾が中心となり漁師と観光関係者との話し合いに着手しました。

 

結論は、ブランド化に成功しました。成功の要因は、ブランド化したいという1漁師の強い思いがありました。

 

ブランド化の取り組みは、釣りアジのイメージづくりのネーミング、サイズ、板場が捌くまで人の手に触れないなどをまとめ、玄海域内消費を中心に進め、漁師と観光関係者で役割分担を決めて取り組んでいくこととしました。

 

観光関係者との話し合いはすぐにとりまとめることができましたが、釣りアジ船団との話し合いは相当難航しました。漁師の取り決めは総意によることから、反対者への粘り強い交渉求められました。

 

また、漁師の会議は、時化の時にあります。

急に電話がかかり、今集まっているのででてきてほしい、万障繰り合わせした対応が求められました。

会議では、あと1歩のところで2歩下がり、そして3歩進むで9月くらいまでかかりました。

 

ただ、マスコミの受けはよく、新聞やテレビで全国ネットで取り上げられ、認知は深まっていきました。

経費は、ポスター、ちらし、のぼり、雑誌掲載も含め100万円も使いませんでした。

テレビ取材で特に印象的だったのは、「関アジ」「玄ちゃん」「スーパーの刺身用」との食べ較べを生で流せたことでした。

結果は、「玄ちゃん」が「関アジ」を上回りました。

 

これを契機に、他の船団から自分のところも取り組んでほしいと要望がだされるようになり、玄海活いかや玄海とらふくのブランド化へ進んでいきました。

 

併せて、玄海で水揚げされた魚介類の総称を「玄海天然印」とすることも決まっていきました。

 

 

                                よしたけ 邦彦

 

 

 

20年間で今まで関わった事業やイベントのご紹介

宗像玄海市町村合併(住民発議による九州最初の合併)

道の駅「むなかた」建設委員会

筑前玄海さかなまつり

アクシス玄海物産館開設(企画・運営)

NHK地域発信ドラマ「玄海」の誘致・制作協力

沖ノ島大国宝展主催・玄ちゃんアジブランド・玄海未来塾の立ち上げ

宗像大社氏子青年会の立ち上げ(宗像大社の年中行事)

サニックスブルース必勝激励会・サニックスブルースサンセットフェスタ

東京代々木九州観光フェア・玄海いか祭り・玄海料理人会立ち上げ

ビーチフットボール大会・大島七夕まつり協力

各種イベントなどでの振る舞い鍋・・・・他にもたくさんあります!

 

「宗像には全てのものがある」

 

私、よしたけ邦彦は

ふるさと宗像の

全てのものを活かし

全てのものが活きる

まちづくりを

活力ある若者たちと

お年寄りの経験と知恵をお借りして

ふるさと宗像で

新しい市民運動の大きなうねりを生み出します!

 

ホームページ

http://www.foryou-kai.jp

ツイッター

foryoukai

 

よしたけ邦彦後援会事務所

811-3436 宗像市東郷2-1-1

TEL0940-37-7722

FAX0940-37-7723

  よしたけ 邦彦

玄海未来塾2

こんにちは よしたけ邦彦です。

今日は、玄海未来塾についての続編です。

 

◇筑前玄海魚まつり

 

アクシス玄海観光物産館のオープン準備と並行して企画を進めていたのが同まつりです。

町に働きかけ漁業と観光を結んだイベント案を提案しました。

 

初回は平成1010月、町、鐘崎漁協、商工会、観光協会の4団体が主催者となり開催されました。

 

提案した関係から未来塾は、このイベントを裏方の裏方で支えていきました。

 

開催趣旨は、海を生業とする漁業・観光関係者が中心となり玄海の一番の売りである「海と魚」を最大の武器としながら観光客や地域消費者に確かな喜びと満足を併せて提供しながら利益を得るシステムづくりを共に構築していこうというものでした。

 

DSC01454.JPG  

 

 

秋は時化が多くなることから、翌年度から開催月を5月に移し若手漁師の青壮年部がまつりの中核となる天然魚の販売を一手に担うようになっていきました。

 

その時の青壮年部役員との打合会でのエピソードは、思い出すとおもわず苦笑いしていまいます。

漁師は、揺れる海の上で仕事をする関係か、その時の役員20人近くは誰一人筆記用具を持っていませんでした。

 

どんどん説明を進めていくと、部長から一言

「それ以上説明されたら覚えきらん」

それまで相当のボリュームを説明していました。

 

独特の習慣と記憶力の良さに口が一瞬開いたままとなったことを印象的に覚えています。

 

毎年2日間開催で3万人程度の来場がありました。

 

 

sakanamaturi.jpg 

 

 駐車場はパンクし、車の行列は鐘崎漁港から国道495線瀬戸の交差点までできた年もありました。

イベント的には、家族が34時間程度は滞在できるプログラム設定に苦心しました。

子どもプログラムとして行った「魚つかみどり」はいつしかメインプログラムへと成長し大勢の子どもたちや家族の歓声で大にぎわいでした。

 

その後、同まつりは漁業者が主体的に行う「鐘崎漁師まつり」へ変化し平成20年を最後に幕を閉じました。

宗像大社の行事を除いて、宗像にこれだけの人が集まるイベントを私は知りません。

 

観光客や地域消費者のニーズが高いことは実績が証明しており数年後にバージョンアップした魚まつりが行われるよう検討していかなければならないと考えています。

 

 

                      よしたけ 邦彦

 

 

 

20年間で今まで関わった事業やイベントのご紹介

宗像玄海市町村合併(住民発議による九州最初の合併)

道の駅「むなかた」建設委員会

筑前玄海さかなまつり

アクシス玄海物産館開設(企画・運営)

NHK地域発信ドラマ「玄海」の誘致・制作協力

沖ノ島大国宝展主催・玄ちゃんアジブランド・玄海未来塾の立ち上げ

宗像大社氏子青年会の立ち上げ(宗像大社の年中行事)

サニックスブルース必勝激励会・サニックスブルースサンセットフェスタ

東京代々木九州観光フェア・玄海いか祭り・玄海料理人会立ち上げ

ビーチフットボール大会・大島七夕まつり協力

各種イベントなどでの振る舞い鍋・・・・他にもたくさんあります!

 

「宗像には全てのものがある」

 

私、よしたけ邦彦は

ふるさと宗像の

全てのものを活かし

全てのものが活きる

まちづくりを

活力ある若者たちと

お年寄りの経験と知恵をお借りして

ふるさと宗像で

新しい市民運動の大きなうねりを生み出します!

 

ホームページ

http://www.foryou-kai.jp

ツイッター

foryoukai

 

よしたけ邦彦後援会事務所

811-3436 宗像市東郷2-1-1

TEL0940-37-7722

FAX0940-37-7723

  よしたけ 邦彦

 

青壮年部(宗像)地区大会!

こんにちは、よしたけ邦彦です。

 

2月16日(水)午後7時より、宗像自治会館にて

青壮年部の地区大会を開催いたしました。

 

この大会は、宗像地区に住む若い世代を対象にした

集会で、当日は、平日にも関わらず

宗像のまちづくりに関心のある若者が、たくさん集まって

くださり、とても活気のある大会になりました。

 

ご参集いただいた方々を代表して

勝山会会長 船津芳博様

元JR九州 黒崎駅 駅長 長尾英次様

現福岡県議会議員 山田勝智様

より、若者に向けた温かい応援スピーチを

いただきました。

「こんなに多くの若者に支えられているエネルギーは素晴らしい」とおっしゃっていました。conv0019.JPG 

conv0019.JPG 

                             (写真:勝山会 会長 船津芳博様)

 

次いで

若者を代表して安井君から

東京代々木で開催された宗像物産展でのよしたけ邦彦氏とのまちづくり活動の感想

それから宗像地域でのボランティア活動の報告

邦彦氏の情熱を熱く語っていただきました。

yasui01.jpg 

 

宗像市は、(*)昭和30年代から団地開発が始まり、

現在にいたるまで種々様々な団地が点在しています。

本日集まってくれた青壮年は、まさに団地開発とともに

育った世代です。

(*:HP上の「長く住め暮らせる街を。」をご参照ください。)

 

 

 satomi01.jpg

また、長女里美さんからも

父である邦彦氏、その周囲にいる宗像を愛する方々に触発されて

まちづくりに関わることになった経緯、

現在のボランティア活動について想いを伝えていただきました。

 

 

 

私は、旧玄海町の出身ですが、新興住宅地で育った

皆さんとの交流を深めながら、新しい魅力ある

街づくりに汗をかきたいと思っています。

日の里、自由ヶ丘や広陵台、桜美台、公園通りや城西ヶ丘などなど

多数の地区からお集まりいただき本当にありがとうございました。

また、市内大学の学生さん達、本当にありがとう!

どうか皆さん一緒に、頑張って行きましょう!!

conv0074.JPG               

                                    (家族総出でお見送り)

                       よしたけ 邦彦

 

20年間で今まで関わった事業やイベントのご紹介

宗像玄海市町村合併(住民発議による九州最初の合併)

道の駅「むなかた」建設委員会

筑前玄海さかなまつり

アクシス玄海物産館開設(企画・運営)

NHK地域発信ドラマ「玄海」の誘致・制作協力

沖ノ島大国宝展主催・玄ちゃんアジブランド・玄海未来塾の立ち上げ

宗像大社氏子青年会の立ち上げ(宗像大社の年中行事)

サニックスブルース必勝激励会・サニックスブルースサンセットフェスタ

東京代々木九州観光フェア・玄海いか祭り・玄海料理人会立ち上げ

ビーチフットボール大会・大島七夕まつり協力

各種イベントなどでの振る舞い鍋・・・・他にもたくさんあります!

 

「宗像には全てのものがある」

 

私、よしたけ邦彦は

ふるさと宗像の

全てのものを活かし

全てのものが活きる

まちづくりを

活力ある若者たちと

お年寄りの経験と知恵をお借りして

ふるさと宗像で

新しい市民運動の大きなうねりを生み出します!

 

ホームページ

http://www.foryou-kai.jp

ツイッター

foryoukai

 

よしたけ邦彦後援会事務所

811-3436 宗像市東郷2-1-1

TEL0940-37-7722

FAX0940-37-7723

よしたけ 邦彦

 

 

 


トップページ | プロフィール | 政策と信条 | 活動の記録 | 仲間たち | リンク | 問い合わせ先 | ページの先頭へ戻る↑